MENU

力の加減はどれくらい?マッサージをする時のポイントを紹介

シミのケアをする化粧品、SIMIUSホワイトニングリフトケアジェル。

 

どうやってシミのケアをするのかと言うと、朝と晩の2回ジェルを塗ってマッサージするだけ。

 

お肌はたえず生まれ変わっていて、これをターンオーバーと言いますが、ジェルでマッサージをすることによってターンオーバーが正常化し、シミを薄くしたり消したりする効果が期待されます。

 

ジェルでマッサージするだけ。

 

簡単。

 

でもいったいどうやってマッサージをすれば良いでしょうか?力加減も気になります。

 

強くマッサージすれば効果が早く出る?その答えはノーです。

 

逆にシミができる原因となってしまうかも。

 

顔へのマッサージは「やさしく」が基本です。

 

肌に大敵なのは「摩擦」。

 

シミができる原因となるだけでなく、炎症を起こしてしまうかもしれないので、強すぎるマッサージはやめておきましょう。

 

炎症がさらにシミのもとになるメラニン色素を作り出してしまうので、やさしく、肌に刺激を与えないことがポイントです。

 

では、やさしく、肌に刺激を与えないとは、どのくらいの力加減のことを言うのでしょうか。

 

これは、その人その人の肌の状態によって変わってくると思います。

 

肌が潤っていればスルッとすべるようにマッサージができても、乾燥していると引っ張られるような感じがして摩擦が起きやすく、肌に負担がかかります。

 

ジェルを塗ってマッサージをしてみてください。

 

肌が引っ張られるようであれば、力加減が強いか、ジェルの量が少ないことが考えられます。

 

お手入れガイドを見ると適量が載っていますので、参考にしてください。

 

もともと弾力のあるジェルなので、用量がちょうど良ければ肌が引っ張られず、肌にやさしいマッサージができている証拠。

 

肌にやさしく触れて、指が肌の上を滑るようなマッサージで十分なんです。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ